晴れた日はカーテンを洗おう

カーテン、洗っていますか?カーテンは想像以上に汚れています。埃や手垢、タバコのヤニ、また結露しやすい窓ですとカビが発生している恐れもあります。また、毎日強い日差しを浴びて、繊維も傷んでいます。こまめに洗濯したいですが「いつ洗濯したか覚えていない」という人も多いのでは?住まいを快適に保つためにも、年に数回でもお手入れができるといいですね。

1 必ず洗濯表示を確認し、水洗いできるかどうかを確認しましょう。

2 埃をはたいて落とします。何年も洗っていないカーテンを洗うと水が真っ黒になることも…。少しでも埃を落としておきましょう。

3 カーテンのフック類は全て外します。

4 畳んで洗濯ネットに入れます。プリーツカーテンはヒダがとれないように折りたたみます。(気になる方はクリーニング店にお願いするか事前に相談してみましょう。)

5 洗濯表示に合う洗剤を選びます。生地が傷んでいるので、デリケートな衣類用の洗剤がよいでしょう。

6 洗濯します。枚数が多い場合は一度に1~2枚にして、洗濯機に詰めすぎないことがポイントです。水が真っ黒になるようでしたら、様子を見て洗いの回数を増やしたほうがよいでしょう。脱水もカーテンの生地に合わせて調整しましょう。

7 カーテンフックを取り付けて、窓を開けて形を整えてかけておけば乾きます。生地によっては水がしたたり落ちてくるので、床にバスタオル等を敷くなど対策をしましょう。アイロンをかけるときは必ず表示を確認しましょう。

晴れた日に作業すると、窓からの風が爽やかに感じられてスッキリしますよ。

PR|輸入壁紙のことならスマシア|