そのままの壁紙で、インテリアのイメージを素敵にチェンジするコツ

長く住んでいると、どうしても壁紙に汚れがついたり、壁紙と壁紙の間の隙間が目立ってきたりと気になってきます。でも、壁紙を張り替えるには、費用もかかり、賃貸の住まいだと、勝手には工事できません。そんな時のお手入れは・・?
汚れは専用の壁紙用の洗剤もありますが、お手持ちの中性洗剤や薄めた重曹を使って、拭くだけでもある程度は汚れが落ちます。
どうしてもとれない目立つ汚れの部分には、ホームセンターや文房具店、ネットで購入できる、インテリアステッカーやマキシングテープを貼ってみるのも、お勧めです。
植物や動物等の可愛いデザインやシックなデザインの、ステッカーやマキシングテープで壁をアレンジすると、壁がお部屋のアクセントとなって、インテリアをイメージチェンジできます。
壁紙のお手入れをしたら、カーテンを1窓でも変えて、コーディネートすると、さらにお部屋のイメージが変わります。
一般的なレースカーテンとドレープカーテンの組み合わせなら、簡単にカーテンを変えられます。
レースカーテンは汚れていたら、洗濯可能か確認して、水洗いできます。素材によってはネットに入れて洗濯機でも洗えるので、脱水をして、そのままレールに取り付ければ、乾きます。
ドレープカーテンはお部屋に出てくる色なので、取り換えるとお部屋の雰囲気が変わります。
量販店や専門店、ネットで両開き用のセットが安価で販売されてるので、季節や気分で選んでみて、
取り付けてみて下さい。
インテリアステッカーでお化粧した壁と、柄や色を合わせると、統一感もあって、素敵にコーディネートできるはずです。